神戸で賃貸物件を探すときには

subpage01

神戸エリアで賃貸物件を探すという場合には、毎月の家賃の他にも初期費用が必要となる物件もあるので、まとまった資金の準備も必要になってきます。

知って得する神戸の賃貸が話題になっています。

初期費用の内訳としては、敷金と礼金、仲介手数料があります。敷金は、神戸の賃貸物件でも設定されていることが多い項目であり、入居前に大家さんへ預けておくお金でもあります。


つまり、退去したときにはそのまま返金されることもあるので、敷金が高くても損をすることはありません。
敷金は、家賃を滞納してしまった場合にここから利用されることになるので、すぐに出て行くように言われるというリスクを避けることができます。


他にも、敷金の使われ方としては大家さんが貸していた物件が壊されてしまったり汚されてしまったという場合に使われることになります。


ただし、経年劣化によって古くなったり汚れてしまった分は考慮されないものであり、必要以上に汚く使ってしまったり壊してしまったものに対して使われることになります。

Yahoo!知恵袋について考察してみましょう。

一方、礼金は大家さんにその賃貸物件を使用させてもらうお礼として支払うことになります。

お礼は気持ちで包むというシーンも多いのですが、礼金の場合にはあらかじめ金額が決まってしまうことになります。



また、仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産屋へのお礼となります。

ただし、神戸の不動産屋の中には大家さんへ仲介を行うのではなく自社で所有している物件ということもあり、この場合には仲介をしていないので取られることはありません。